福原ソープランドに関するネット情報をまとめてみました

スマホの普及によってさらに普及が広まるインターネットの世界には、「風俗情報」が熟成した状態で根を下ろしいることをまだ知らない男性が多いようです。
各ソープランド店が配信しているホームページを始め、風俗情報誌が配信するポータルサイト、あるいは男性客自らが投稿するSNSなど、多角的に風俗情報を知ることができるのがネットの現状なのです。

関西屈指のソープランド街『福原』の情報も、すべてを把握できないほどネット上に見つけることができます。
より楽しく福原ソープ街を利用するために、ネット上での口コミなどをまとめてみました。

●福原はポップでカジュアル

――「福原って思ってた以上にポップでカジュアル」

そんな書き込みをよく目にします。
昔までいかつい風貌の男性店員が「土下座接客」をするなど、現代とは思えないサービスをしていた福原ソープ街ですが、最近ではスタイル変わりつつあるようです。
若くておしゃれな男性店員が、美容院やファッション関係かと見間違えるほどのデザインのフロントで接客し、お客を案内します。

もちろん店舗外観も昔とは比較にならないほど現代風に作り変えられ、ポップでカジュアルな雰囲気に生まれ変わっているようです。
「ソープってなんだかダサい・・・」的な感覚は、今の福原には当てはまらないのです。

●ソープ嬢が現代っ子

おじさんの男性客なら、どこか最近の女の子たちに引け目を感じてしまうことはないでしょうか?
セクハラ・パワハラなどを大声で口にするフェミニストが台頭していることで、男性たちは威厳を失い、女の子たちに気を使わなくてはならない世の中になってしまっているのです。
この時代の変化はソープランドでも起きていて、福原にいるソープ嬢たちもどこか「現代っ子」の雰囲気があるようです。

福原のソープ店で遊んだ男性の書き込みでは「なんだかソープ嬢が現代っ子」という文言が頻繁に見られます。
これは福原のソープ嬢が低年齢化していることが大きな理由ですが、「普通の子」がソープ嬢という職業を選ぶことが増えているということも背景にあるようです。
ただし、接客で気分を悪くさせられるといったことは稀なようで、「仕事は仕事」と割り切ってしっかりとサービスする子が増えているようです。

これは逆に安心材料なのかもしれません。

●プレイスタイルがAV的

「AVみたいなプレイをしてくれる」

そんな書き込みもチラホラ見つけることができます・・・。
ソープランドを言うと、泡踊りを始めとする独自文化的なプレイが象徴的ですが、正直ここに時代錯誤を感じる男性客も多かったはずです。

たしかに、時代は変われど男性の性感帯は変わりませんから、そこを追求して組み立てられたソープのマットプレイは、経験してみると気持ちの良いものです。
しかし、現代の日本の性の感覚は、ある意味”AV動画”に洗脳されている部分があるのも事実です。
その証拠に「フェラ」などは30年前までしてくれる女の子は希少な存在でしたが、現在では当たり前です。
実は女の子たちもAVはよく鑑賞しているようで、それもネットの普及が大きく影響しているものと思われます。

そのAVを見たソープ嬢たちは、より濃密なサービスをお客に提供して本指名をとるためにプレイスタイルさえも変えつつあり、それが福原では顕著に現れる変化となっているのです。
「泡踊り」ではなく「ローションプレイ」に変わり、ベッドプレイでもよりハードに変化しているのが、現在の福原のプレイスタイルなのです。

●まとめ

「便所の落書き」と揶揄されるネットの書き込みですが、その中には公式ページではありえない”真実”が隠れていることも事実です。
そんな膨大なネット情報の中から有益なものを見つけ出す能力も、現代のソープファイターには必要なスキルなのかもしれません。
福原のような巨大なソープ街でより高度な遊びを実現させるためにも、ネット情報をうまく活用することは基本的なことなのです。

About

大阪に住むお酒とエッチな事が大好きな管理人が月に何度も通う神戸市「福原」について語っております。福原への行き方やお店選びのポイント、また女性には風俗への求人について気をつけるべき点をまとめています。このサイトによって皆様の風俗ライフがより一層楽しいものになれば幸いです。