ソープランドの光熱費のお話

一般家庭にはライフラインというものが完備されていて、ガス・水道・電気というのはお金を払えば誰でも利用出来る物となっています。 一般家庭においても光熱費の出費はなかなかに大きくて困ったりもすることもあるのですが、これが商売であればさらにその負担は大きくなります。 ソープランドでも光熱費は絶対に必要になりますし、営業しているお店側にとっては悩みの種でもあるのです。 今回は、ソープランドの光熱費について取り上げてみます。

◆ ソープランドが悩む水道代

ソープランドに欠かせない物と言えば、やはりお風呂です。 ソープランドはとにかくお湯を大量に使うものですから、その水道代はとても高額になってしまいます。 浴槽だけでも大人2人が入って余裕があるサイズで、それぐらいになると湯量も300リットル前後入るものですし、それが部屋数分接客のたびに入れ替えをするわけですから、少なくとも数千リットル、場合によっては1万リットル以上のお湯が使われています。 さらにシャワーでもお湯を使いますし、マットプレイの間はずっとお湯を出しっぱなしにしますから、それだけでも何百何千リットルのお湯を使っています。

一般家庭とは比較にならない量のお湯を使うソープランドですが、月換算でどれぐらいの水道代が必要になるのかですが、実際はお店の規模や地域的な差もありますのでどこも一緒というわけではありません。 よく言われるのは、少部屋数でそこまで繁盛していないお店であっても月20万前後、多部屋数で超人気店であれば月100万前後と、結構大きな開きはあるものの最低でも数十万は掛かるようです。

◆ 電気代よりも燃料代がかかる

高額の水道代がかかるソープランドですが、電気代も水道代ほどではありませんがそれなりにかかります。 お店をライトアップするのもそうですが、エアコンも使いっぱなしですし、普通のお店程度はかかるようです。 しかし、それ以上に問題となるのがガス代などの燃料代で、お湯を沸かすためのボイラーに使う燃料代がとてもかかるのです。

これは、一日中お湯を沸かしっぱなしというのもありますが、ボイラーの性能というのも大きく影響しており、使われているボイラーは現代のボイラーよりも性能が低いため燃料代がどうしても嵩んでしまうのです。 ボイラー交換をすると営業許可がおりなくなってしまうため変えるに変えられないので、今後も改善するのは難しいでしょう。 金額的には、この2つを合わせると水道代と同じぐらいになることが多いようです。

ソープランドの営業には、光熱費以外にも家賃や人件費などもありますから、その運営には想像以上の費用が必要になります。 利用客からは「ソープは値段が高い」と思われているかもしれませんが、こうした事情を考えれば価格設定が高くなってしまうのもしょうがないのかもしれません。

About

大阪に住むお酒とエッチな事が大好きな管理人が月に何度も通う神戸市「福原」について語っております。福原への行き方やお店選びのポイント、また女性には風俗への求人について気をつけるべき点をまとめています。このサイトによって皆様の風俗ライフがより一層楽しいものになれば幸いです。