ソープランドがリニューアルする理由

ソープランドというのは非常に回転の早い商売で、大半のお店はほんの数年で無くなってしまいます。多くのお店は、2~3年のスパンで店名が変わったりしてしまい、なかなか定着することはありません。特に、高級店よりも格安店や大衆店といった低価格帯のお店にはそういう傾向が強く見られます。ある程度有名なソープ街でもそういった傾向はあり、西日本最大規模の福原ソープ街においても、それは同様です。

福原にあるソープランドは、現在60店舗前後であり中には創業ウン十年という日本全国で見ても最古参の部類に入る店もあります。それと同時に、高級店の中にも歴史を辿っていくと何度も店名変更などをしているお店もあります。例えば、福原でもトップクラスの高級店である『アマテラス』は、現在の店名になるまで4回の店名変更を行っています。

一番最初は『貴族院』という名前、次に『貴族』となり、『ル・ランデブー』となって『バルボラ』となり、現在の『アマテラス』になったという歴史があります。『アマテラス』は、ソープランドの基本とも言える内装や外装などの雰囲気作りや男性スタッフへの教育、そしてコンパニオンの女性の質やサービスといった物を徹底して高めるコンセプトで、130分総額70,000円という高級店となっています。その前身である『バルボラ』では、110分総額51,000円の中級店だったので、着実にステップアップをしてきていると言えます。

このように、ソープ店が店名を変更する場合というのは幾つか理由があります。まず、「経営方針・コンセプトの変更」というものです。経営方針の転換としては、今回例に挙げた『アマテラス』のように、中級店から高級店へと移行する際に、リニューアルオープンといった形で新しくする場合です。コンセプト変更の例としては、福原の老舗熟女ソープであった『しんとみ』がソフトSMをコンセプトに掲げた『KOBE R&B』という店にリニューアルしたというものがあります。次に、「警察の摘発や悪評を消すため」というもの。摘発された店は信用がた落ち、普通はそのまま閉店するか営業再開してもまず経営難に陥ることは間違いありません。また、悪質なサービスや性病などの噂によって客が寄りつかなくなってしまった場合も、店の名前を変えることでその禊ぎとしている場合があります。

少なくとも何の意味もなくリニューアルオープンをすることは無いので、リニューアルしたお店に行く時は、軽く下調べなどをしておくと安心出来るお店かどうかがわかるかもしれません。

About

大阪に住むお酒とエッチな事が大好きな管理人が月に何度も通う神戸市「福原」について語っております。福原への行き方やお店選びのポイント、また女性には風俗への求人について気をつけるべき点をまとめています。このサイトによって皆様の風俗ライフがより一層楽しいものになれば幸いです。