福原に増えつつある支店型のグループ店

福原では、昔から同一グループで複数のお店を運営するという経営手法が行われています。 そんなグループ経営についてですが、昔と今では若干傾向が変わってきたように感じられます。 今回は、そんな福原のグループ経営の変化について取り上げてみましょう。

◆ 別店舗から支店方式への変化

以前までの福原ソープ街におけるグループ系列店というのは、それと気付かせないような形で出すことが普通でした。 ホームページを見ているだけではそれと気付かず、求人とかグループのホームページを見ることで初めて同一グループのお店であると知ることが出来るというようなものです。 店名も全く違っていることが多く、それとなく気付かせるように似ている店名にしていることも多いですが、明言していることはあまりありません。

しかし、昨今ではその傾向が少し変化していて、同一のお店の支店のような形で明確にネームバリューを活かす形も増えてきています。 例えば、『神戸妻』という人妻専門店などはその代表的なお店で、『神戸妻』というお店と『別館神戸妻』という2つのお店があります。 そして、もう一つ『ごほうびSPA極』というソープと回春エステの合体がコンセプトのお店で、こちらも『ごほうびSPA極別館』という店名で支店を出しています。

これらは1つの店舗を2つの建物で営業しているというもので、値段や在籍嬢ならびに出勤嬢は同じとなっています。 どちらのお店も本店となる方は店舗としてはかなり小さく、プレイルームも数部屋しかありません。 出勤数が多くてもプレイルームが少ないと対応出来ないこともありますから、2店舗対応にしてプレイルームの数を増やすことで同時に接客出来る数を増やし、回転数を上げているようです。

◆ この形式のお店であれば失敗する可能性は少ない

このような形で営業しているお店は、他のグループ経営のお店と比較しても失敗しない遊びが期待出来ると言えます。 店舗を分ければその分だけ家賃や光熱費、スタッフの人件費などがかかりますが、それをペイ出来るだけの集客があるからこそ出来る方法です。 そういうお店であれば接客なども値段以上の物が期待出来ますし、初めて利用する方であってもしっかり楽しませてくれることでしょう。

『神戸妻』は、福原で今注目度の高い人妻熟女店ですし、『ごほうびSPA極』も福原以外に中洲にも展開している大手グループの人気コンセプト店ですから、初めての方でも安心です。 安全に遊びたいのであれば最適のお店ではないでしょうか。

2022年夏時点においては、同一の店名で複数店舗経営しているというお店はまだこの2つのみ。 もしかしたら今後こういった形で支店の数を増やすお店が増えてくるかもしれませんが、そうなってきたら安心して遊べるお店が増えているとも考えられるので、ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

About

大阪に住むお酒とエッチな事が大好きな管理人が月に何度も通う神戸市「福原」について語っております。福原への行き方やお店選びのポイント、また女性には風俗への求人について気をつけるべき点をまとめています。このサイトによって皆様の風俗ライフがより一層楽しいものになれば幸いです。